2011年5月27日金曜日

はじめに

著者は、日本人でありながらフィリピンで生まれ育った、いわゆる帰国子女です。
高校・大学と日本で過ごしたものの、大学院からまた日本を飛び出し、アメリカでの大学院留学を始めました。
ピッツバーグで修士2年間を終え、現在ハワイでの博士課程を備え、引越し準備中です。
専攻は言語学で、特に第一言語習得、第二言語習得を研究しています。


渡米準備から修士を終えるまでの2年間、他所でブログをつけてきましたが
修士課程卒業と、新しい場所での博士課程への進学を期にブログも新しくしてみました。
ピッツバーグでの最後の数ヶ月の記録と、ハワイでの研究生活を綴っていこうと思います。

アメリカの大学院に留学したいという方のために、修士・博士と2回出願した経験を活かし、アメリカの大学院への出願についてもまとめてあります。目次はこちらです。

0 件のコメント:

コメントを投稿