2011年5月25日水曜日

学部卒で飛び出すメリット

さて、アメリカの大学院に行くメリットは「なぜアメリカ?」書きました。
また、学部卒で入れる博士課程があることは「アメリカ大学院のシステム」に書きました。

経済的な理由、研究分野や授業の魅力など、私にとってアメリカに来ることが大事であったのは確かですが、
結局私は、当初希望していた「博士課程」には入れず、修士課程にしか合格できませんでした。

また、結果的にfellowshipもいい条件でとれましたが、それもどうなるか最初はわかりませんでした。
一般的に、修士では博士よりfellowshipなど奨学金の類がもらいにくいのは前述したとおりです。
日本で修士課程に行ってからアメリカの博士課程に応募すれば、アメリカの大学からもらえるものだけではなく、フルブライトなど、外部の団体でも応募できる幅は増えます。

最終的に全て「めでたく」決着がついてよかったとはいえ、
日本の大学院も受かっていたにも関わらず、
なぜとことん、修士から留学することにこだわったのか。

少し別の角度から当時の自分のことを考えてみました。

それはやっぱり、ドクターでアメリカに行くことを見据えていたからです。

人文科学系でアメリカの大学院が高く評価されていることは以前も書いたことがあると思います。
私は遅くてもドクター(博士課程、PhD課程)ではアメリカに来たいと思っていました。

勿論、日本でいい大学院にいけば、それなりの情報はありますし
アメリカの先生と繋がりがある日本の先生もたくさんいます。
現に、ドクターからアメリカに来られる日本の大学院生の方は意外といるもんです。

しかし、やっぱりアメリカ国内に比べると情報量は全く違うと思います。
アメリカにいれば学校でも情報は入るし、学会に行けば自分の分野の研究者に会えますし、
教授陣の人脈だって全然違うでしょう。

最終的な目標がアメリカなのだから、
もし可能ならば早めに行って、次に進むときの可能性を広げておきたい、と思ったのが理由です。

これは、大学でお世話になっていた先生にもアドバイスされたことです。
その当時、1校だけ、修士課程での合格しかもらってなくて、
この先他から合格が出なかったらどうしよう、と悩んでいた私に、
どうせ博士でアメリカに行く(行ったほうがいい)のだから、とにかく早めに出なさい。
やっぱりアメリカ国内にいるだけで全然情報量が違うから、遥かに有利なはずだ。
と後押ししてくれたのです。


実際にこちらに来て、情報量の違いに愕然としました。
例えば、出願前、私は日本国内で、必死でインターネットであちこち飛び回って進学先の情報を集めましたが、
こちらの言語学科の掲示板には、アメリカ国内の大学院課程のポスターがいっぱい貼ってあります。
学部での専攻が違ったとは言え、
「どの大学院がいいのだろう、どこで勉強できるのだろう」
と私があんなに悩んで、時間を費やして集めた情報よりもさらに有用な情報が、
こちらの学部生であれば、ポスターとして掲示板に貼ってあって、簡単に手に入るんです。

それに気づいたときは、「ああ、こっちに出てくる決心をしてよかったなぁ」と思いました。


逆に言いますと、最終的に日本の大学機関で就職することを考えると、
日本での人脈が大切になることも多々あります。
なので、そちらのほうの準備も自分なりによく考えましょう。
これは「博士まで待つメリット」に詳しく書いてあります。


追記:学部卒で留学すれば、早めに英語での学生生活、研究生活に慣れることができる、というのもメリットです。

0 件のコメント:

コメントを投稿