2011年5月25日水曜日

博士課程まで待つメリット

学部卒で留学するメリットについては「学部卒で飛び出すメリット」で書きました。

一方、私は準備段階や、日本国内の大学院で教授や先輩と話したこと、自分で実際にアメリカでの留学生活を送った上で、博士過程に入るまで―あるいはある程度日本での大学院過程を経験するまで―留学するのを待つ、という選択肢の利点があることも理解しています。

博士まで待つ、つまり言い換えれば、日本の大学院である程度学んでから留学する。
これにはいくつか利点があります。

まず、1つ目は、単純に準備期間に余裕がある、という利点です。
進学準備自体もそうですし、英語で苦しい思いをする前に、日本である程度研究を確立できます。
(勿論、逆に修士で出られれば早めに英語に慣れることができる、とも言えますが)。

2つ目は、奨学金がとりやすいことです。
外部の奨学金の中でいい条件のもの(例えば、授業料・生活費ともに支給されるもの)は、「日本の大学院に在籍していること」が条件になっているものが多いです。学部卒で飛び出そうとすると、必然的に選択肢が狭まってしまうことになります。
また、日本である程度修士課程での研究を終えていたり、博士の途中であれば、「何を研究するか」というのがスポンサー側に伝わりやすいですから、やはり勝ち抜ける確率が高くなります。
また、PhD課程に入りやすい=学校側からの奨学金が出やすい、ということになります。


3つ目は、日本国内に人脈が作れることです。
就職を考えたときに、やっぱり日本に帰国されることを考える方も多いと思います。日本も競争率が激しいですが、アメリカも競争率は激しく、外国人であることでハンデも大きくなってしまうからです。
そういうときに、「コネ」というと少し聞こえが悪いかもしれませんが、日本国内にサポートしてくれる人がいるのは心強いことです。
情報をくれたり、推薦をしてくれたりするかもしれません。
学問の世界も人間関係が大事、とはよく聞きますので、日本・アメリカ両方に人脈が作れるというのは、日本で大学院に通う大きな利点だと思います。

4つ目は、日本と海外の大学院を比較できること
日本と海外でどうしてこんなに大学院でのサポートが違うのか、日本の弱み、あるいは強みは何か。
それぞれの土地で教授がどのように立ち振る舞ってるか。
将来自分が研究職につくときにオプションが増えますし、どの国で仕事をするか考えるための判断材料が得られるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿