2011年5月26日木曜日

面接

学校によっては書類審査のあと、面接(電話・Skype含み)を課してくるところもあります。
私の場合は、修士のときはどこの学校も面接なしで合格不合格が出ましたが(1校のみ先生一人とインフォーマルな面談をしました)、
博士のときは出願した7プログラム中、4つのプログラムで面接がありました。
うち1つは面接まで辿り着かず…。でしたので、結果的に3つのプログラムの面接試験を受けました。
遠方の人も、電話やSkypeで面接をしてくれるので大丈夫です。私の場合も、どれも電話かSkypeの面接でした。

実際に面接を受けてみてわかったことは、面接というのは合格を大きく左右するものというより、志願者のことをよく知るためのものなのだということです。
例えば、学問面での審査は勿論ですが、人格だとか、留学生の場合は英会話力の確認など。
お恥ずかしながら、私は自分の受け答えに満足できる面接はできなかったのですが、それにも関わらず、驚くことに面接を受けた3校全部から合格をいただきました。
(しどろもどろだったり、英語がうまく出てこなかったり、ウェブカムの接続がうまくいかなくてあちらに私の画像が見えなかったり…)
もちろん面接の内容で振り落とされることはあるはずですし、面接まで辿り着けばほぼ通過、ということは絶対ないので、きちんと受け答えをしなければならないのは当然です。
しかし、1次を抜けたということは、あちらが自分に興味を持ってくれている、もっと知りたいと思ってくれているということ。
自信を持ち、リラックスして面接を受けることが大事ではないかと思います。

ただ、面接の比重や意味合いはそれぞれのプログラムによっても違うと思います。
私の場合、研究内容や授業内容に突っ込んで聞かれたかなりシビアな面接をするところもあれば、
相手が先生ひとりだけでかなりカジュアル、口頭試問で聞かれるというより、入学したらどんな共同研究をしようかというディスカッションがメインで、既に相手が合格を出すことを念頭においているような面接のところもありました。


面接で聞かれることとしては、
  • 修士論文の要約
  • 自分がしたい研究内容の説明
  • なぜこのプログラムに来たいのか
  • どのような授業を受けたことがあって、どのような基礎知識を持っているか
が主だったと思います。 基本的に、自分の出した志望文の内容を把握しておけば問題はありません。
 あとは、「自己紹介(自己アピール)してください」という質問があったり、
「その研究内容だと○○という難点があるがそれはどうするつもりか」 というような突っ込んだ内容もありました。

それから、最後にほぼ必ず「こちらへの質問はありますか?」と聞かれます。
つまり、面接は相手がこちらのことを探ることばかりが目的ではなく、 こちらが相手のプログラムのことをよりよく知る機会でもあるのです。
何かひとつは質問を用意しておくといいと思います。
私は1校目で不意をつかれて慌てて捻り出し、2校目で「また来た!」とまた慌てて捻り出し、3校目にしてやっと学んで事前に質問を準備しておく、という始末でした(笑)

留学生にとっては特に面接というのは恐怖以外の何者でもないかもしれません。
しかし、出願前に見学にいったことのある人は別として、
面接は(セッティングは緊張するかもしれませんが)相手のプログラムの教員と直接お話をする良い機会であることも覚えておくと、
受身にはならず、自分からも積極的に参加する姿勢を見せられるような面接になると思います。

なお、電話・Skype面接を受けるときは、
  • 志望文
  • 履歴書
  • プログラムの教員一覧(頭に入ってるとさらにいいと思いますが)
を手元に置いておくといざというときに役立つと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿