2011年6月28日火曜日

さっそく

早速ダウンタウンのSocial Security Administration (SSA)オフィスに行ってきました。
書類はOKだと言われたけれど、申請できるのは勤務開始の30日前からだそうで、来月また来い、と。
しかし、同時に大学に問い合わせたら、ハワイに着いて学校でI-20を登録してからでないと駄目といわれました。
うー。どっちだ?

そして帰りにピッツバーグ大の近くにあるAllegheny County Health Departmentにてツベルクリン検査。
こちらでは通称TB test。
ネットで調べた住所に行ったけど受付にも人がおらず、わからなくてうろうろ。
傍を通った人に聞いたら「ごめんね、こちらではなく別のビルなの」とのこと。教えてもらった道順どおりに、さらに歩く。
着いたら用紙に記入して、待機。
10分ぐらいしたらクリニックに呼ばれ、出生した場所、BCGや過去のツベルクリン検査、飲んでいる薬や普段の健康状態のことを聞かれ、針を刺して終了。
呼ばれてからは、本当に5分もかからなかった…。
金曜日にもう一度行って陽性・陰性の診断をしてもらいます。さてどう出るか…。
日本人はBCGを受けているので陽性の人が多いそうです。その場合はレントゲンをとらなければいけないとのこと。
日本とアメリカの結核対策の違いについては、こちらのブログがわかりやすく書いて下さっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿