2011年5月26日木曜日

リンク集・文献集

大学院留学を目指す人のためのリンク集・文献集です。
私が出願・準備時に情報源、また心の支えにしたウェブサイトや著作の情報をおすそ分けします。
大変役に立つものばかりですので、是非是非参考にしてみてください!!

※随時追加していきます※

【お役立ちリンク集】

理系留学のススメ
出願準備から大学院での研究生活まで情報が充実しており、私も何度も読み返しました。分野は違いますが、一番お世話になったかもしれません。
留学してみよう!というやる気もくれるサイトです。是非訪れてみてください。

Shimpei The Biologist
こちらは実際の大学院生活についてよく分かります。中退の仕方まで載ってます。

「ただ」で行くアメリカの理系大学院
下記で著書も紹介してある京大の青谷先生のウェブサイトです。理系向けですが、情報満載です。読んでると元気になります(笑)

アメリカの大学院での PhD 取得について

アメリカ大学院(数学)への留学について


【大学院ランキングやプログラムが調べられるサイト】
(アメリカ中心ですが、イギリスなど他の国も含めているサイトもあります)

US News and World Reportのランキング(一番有名です)
AllAbout.comのリンク集
PhDs.org(分野別ランキングが見やすいです)
GraduateSchools.com


【オススメの本】


アメリカ大学院で成功を勝ち取る超★理系留学術/青谷 正妥
¥1,995 Amazon.co.jp
私はこの本、出願が終わってから出会い、もっと早くに読みたかった!と思いました。
しかし、自分の準備を見直すのに役立ちましたし、入学前に不安になったときなども何度も読みました。
情報は充実してますし、かなり分かりやすくまとまっており、すらすらと読める本です。
こちらも、留学してみよう!という勇気をくれます。


アメリカの大学院で成功する方法―留学準備から就職まで (中公新書)/吉原 真里
¥798 Amazon.co.jp
主に人文科学系の人対象に書かれた本ですが、留学準備の部分(大学院の選び方や自分の適性など)や就職活動の仕方(主に教授職を目指す人向け)などは他分野の人にも役に立つのではないでしょうか。私がこちらに来て自分で気づいたようなこと(勉強方法や授業の進行方法の違いなど)も書かれてありますので、前もってこちらの大学院の様子を知りたい人には有用です。どちらかというとシビアな内容もあるので人によっては留学を躊躇ってしまうかも。でも知っておいて損はない現実が書かれています。


アゴス・ジャパン改装版 大学院留学GREテスト学習法と解法テクニック/アゴスジャパン
¥3,990
私が使った参考書です(私が使ったのは古い版ですが)。本全体で模試1回分程度ですが、ノウハウなども載っていて非常にためになりました。試験場までの電車の中でライティングのコツを頭に叩き込んだのを覚えています。また、数学用語集は大変有用です。アメリカ国内の受験者の学校・プログラム別平均点の一覧も載ってます。Verbalの単語は全然足りないですし、Writingもきちんと練習したい人はこれに加えて問題集が必要だと思いますが、GRE全体の雰囲気を掴むには最適な本だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿