2011年5月25日水曜日

志望校の調べ方・選び方

さて、留学するとは決めたものの、

どの学校がいいのだろう?

というかそもそもどうやって調べればいいんだろう?(〃゚д゚;

と、途方に暮れてしまう人もいるかと思います。


たとえば日本の大学受験だったら、模試などを通じて、自分の学力相応のところを受けますよね。

大学院受験はまた違うとは言え、国内ですから、
大体どこの学校がいいとか、どんなところにあるのか、とかは想像がつきやすいと思います。


しかし、学校数が多く、いい学校も私たちが知っている以上に多いのがアメリカです。
(きっとアメリカの人なら私たちよりも感覚がわかるんでしょうけど…)

いわゆる名門校で、どの分野でも優れているところもありますが、

あまり日本では名が知られてなくても優秀な学校もあれば、

特定の分野でよい業績をおさめている学校もあります。



さらに、研究目的でいく人の場合は、学校で選ぶだけではなく
自分の興味のある研究分野の教授、師事したい教授がいる学校を見てみるという方法もあります。

学校で選ぶにせよ、最終的には研究内容が合う研究者がいるかどうかのチェックは大事だと思います。

最終的に自分を売り込む際に、興味を持ってくれそうな先生がいるといないとでは大分違いますから。

特に私の場合は、興味のある研究が様々な角度・分野から研究され得るものだったので、
そういう研究をしてる先生がいるかどうかは非常に重要でした。

自分の専門分野がきちんと固定・確立されている人であっても有益な情報になると思います。


ただ、教授に関する情報だけを頼りにしますと、先生が学校を異動してしまったときに悲しいことに(;´Д`)

なので、やはり偏らずに総合的な判断をするのが良いでしょう。



私が学校を調べた方法は、以下の通りです。


(1) 学校から選ぶ

  • 有名校やランキングの上位校の該当分野を調べる
  • 分野別ランキングを参考にして上位校を選ぶ
  • 大学の先生に紹介してもらう

ランキングについては、こちらのリンク集を参考にしてください。


(2) 指導教員から選ぶ

  • 論文・本の筆者やその引用文献の筆者を辿る
  • 学会の情報をチェックし、発表者を調べる
  • 大学の先生に紹介してもらう




その上で、自分が admission requirement を満たしているかどうか
(学部卒でPhDを目指したい人は、特に学位に関する条件に気をつけましょう)

お金が気になる人なら financial aid がしっかりした学校・プログラムかどうかをチェックして
(これらの条件は学校やプログラムのよさとほぼ相関関係という印象もありますが)

志望校を絞っていくといいと思います。




ちなみに、出願校数ですが、アメリカの友人に聞くと、大体3~4校、多くても10校以下、という印象でした。

日本の学生の相場はわかりませんが、情報も少ないし、様子がわからないし、

チャンスを広げるという意味で留学生の出願校が多いのは特に気にすることではないと思います。


ちなみに私は7校出願しました。

厚めのクリアポケットファイルを用意して、学校ごとに募集要項や応募書類を分類すると便利です。

締切日も各校によって違うので、一覧表にまとめるなど忘れない工夫が必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿