2011年8月24日水曜日

1週目

忙しさに紛れてるうちに更新が途絶えてしまいました・・・。溜まった分を少しずつ消化していきます。

まずは秋学期1週目のことから。
(今は2週目です)

先日、やっと、やっとやっと~~SSNがとれました。
と言っても、時間がかかったのは実際に申請ができるまでで(学校での事務手続きや、時間の確保)申請から発行まではなんと5日間、3営業日。超速でした。
ウェブサイトでは4~5週間と書かれていましたし、窓口の人は「書類がきちんと揃っているので2週間」と言っていて、それでも「思ったより早いな」と思っていたので・・・
郵送にも時間がかかるはずなので、かなり例外的な早さで発行されたのが分かります。びっくりです。


Student IDも、授業が始まって数日でやっと獲得です。一度目は1時間並んで全然進まず、二度目はしばらく並んだところでシステムダウン。でもそのおかげで整理券がもらえて、三度目は行って15分か20分ぐらいで発行してもらえました。よかった~~
学生証にはバスパスがついていて、バス料金を逐一払わずに乗ることができるので、早くほしかったのです。

今回私は新入生として新しい学生証の発行が必要だったわけですが、ハワイはメインランドに比べて技術が遅れていくらしく、在学生も毎学期ごとに学生証を承認してもらわないといけないそうです。確かにピッツバーグでは一度作ったら有効期限が切れるまで更新の必要はありませんでした。
そちらの在学生の列は、新入生の列の5倍ぐらい人が並んでいて、カウンタに辿りつくまで数時間かかるようでした。
授業をいっぱいとっていたり働いている人は、そんなにまとまった時間を確保できないと思うのですが・・・どうにかならないでしょうか。


それから、もう1週間以上経ってるのですが、友達がホノルルツアーをしてくれました。
カメハメハ像、イオラニ宮殿や、チャイナタウンを車で巡った後、
プウ・ウアラカア州立公園(Puu Ualakaa State Park)に連れて行ってくれて、
みんなで夕焼けや夜景を見ました。
とっても綺麗でした。





夕空を飛ぶ飛行機

少しずつ灯りがつきはじめる街

帰りは友達がおいしいとオススメの日本料理のお店、佐野屋へ。
おいしかった!定食なんて、久しぶりに食べました・・・また行きたいです。

2011年8月22日月曜日

夏休み最終日

2週間続いたオリエンテーションが、昨日で終了しました。
昨日は、ビーチのそばの公園でピクニックでした。
ビーチには行かずに、公園で友人たちがウクレレの弾き語りをするのをのんびり聞いていました。
4年間いるわけなので、ビーチに行く機会はまたあるでしょう。
私もウクレレを少し教わりました。早く自分のウクレレを入手して自主練を始めたいです。


フリスビーをする人たち
明日からはいよいよ授業が始まります。
つまり、4ヶ月続いた夏休みも、今日で最終日です。
去年同様、あっという間に過ぎ去ってしまいました。
この夏休みは、何より国際言語学オリンピックと引越し(事務手続きから荷造りまで・・・)がメインイベント。

ピッツバーグでの最後の日々を満喫し、お別れもいっぱいの夏休みでした。
それに加え、ミシガン旅行ニューヨーク旅行の上、日本・フィリピンへの一時帰国もあり、とにかく移動の多い夏休みでした。
あっ、あとはバットマンの撮影ですね!(笑)

去年は、秋学期の初日、すぐに学校モードに自分の気持ちが切り替わったのを覚えていますが
今年は新しい場所での新しいスタートなので、どうなることでしょう。
明日は朝9時から早速GA (Graduate Assistant)としての仕事が入っています。
今週は、基本的に、授業時間以外はほぼ全部GAとしてオフィスにいなければいけません。
そのうちは持ち帰りでする仕事も増えるようで、オフィスにいる時間は少し減りそうです。
(1週間に20時間の労働が契約事項)

ピッツバーグから発送した荷物が昨日届いたので、二日間荷解きをしました。
所持品が増えるわけなので、2週間荒れ放題だった部屋の整理もついでに。
本棚があっというまにピッツバーグ2年間分の教科書や論文、ノートでいっぱいになってしまいました・・・。



ピッツバーグ大学では本当にいろんなことを学びました。
となりのカーネギーメロン大学の方々を含め、先生方や大学院での仲間には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
明日からは正式にハワイ大学の学生として学んでいく日々。
私の研究トピックは同じでも、ピッツバーグ大学とは違うことが学べそうで、これからできる研究のことを考えるとワクワクします。ピッツバーグ大学で教わったことも忘れず、両方の学校で学んだことを活かして研究に取り組んでいきたいです。

明日から始まる秋学期が本当に楽しみで、この気候でもビーチでもなく、「ああ、自分は勉強をしにハワイに来たんだな」ということを再確認しています。

2011年8月20日土曜日

ポットラック大会

ピッツバーグでもホームパーティーといえばポットラック(持ち寄り)形式が多かったですが
今住んでいる寮でも、ときどき寮生が集まってキッチンやラウンジでポットラックをしています。

そんな伝統を活かして、今日のオリエンテーションではポットラック大会をしました。
9時に集合し、その場で張り出されたグループの人たちと話し合って予算40ドルで作るメニューを決め、買出し、調理、盛り付けを12時半までに終わらせるというスケジュールでした。
一応「大会」なので、審査員もいて、独創性や盛り付け、チームワークなどを審査されました。
自分のグループは集合場所に行くまでわからないので、事前の話し合いは勿論なし。

私のグループは、メニューを決める時点でモメにモメましたが、タイ風グリーンカレー(魚入り)を作ることで落ち着き、さらに飲み物としてスイカとミントのグラニータ、揚げバナナをデザートとして加えることになりました。

調理風景
魚はミルクフィッシュを使用。ルーと一緒に煮込むのではなく別々に焼いて最後に野菜と一緒に盛り付けました。
出来上がり!
作品名は、Na 'Ono o ka 'Aina: The Delicacies of the Land...Yum!
ハワイアンソングをしってるグループメイトが曲名から提案してくれました。

みんながバナナの葉っぱやらプルメリアの花を持ち寄って、素敵な盛り付けになりました。


が、他のグループもなかなか手強かったです。





私はミーティングがあったので、少しだけ食べて結果発表の前に抜けなきゃいけなかったのですが、どうやら私たちのグループが1等賞をとったよう。
賞品は寮生が持ち寄ったレシピの載った料理本だったそうです。その場にいなかったので私はまだもらっていないのですが・・・。



ついでにカメハメハ大王像と二重虹の写真を載せておきます。



ちょっと見にくいですが・・・くっきり見える虹の上にもうひとつ虹があります。

2011年8月17日水曜日

真珠湾


オリエンテーションの一環で真珠湾にいってきました。
博物館がかざられており、復元された軍艦や潜水艦の見学もできます。
今日は時間がなくて、一部しか見て回れませんでした。
きちんと見て回ろうとすると、一日規模のツアーになりそうです。
日本の観光客の間ではツアースポットなのでしょうか?ハワイを訪れる方には是非行ってもらいたいです。
ノー・バッグ・ポリシーなので、小さいものでもかばんは持って入れませんので、お気をつけ下さい。









以下、率直に思ったことを書きます。

-----

ツアーの最初でショートムービーを見た。結構、客観的に作られていた。

複雑な気持ちになった。
心痛かった。

こういって責任逃れをするわけじゃないけれど、
あのとき日本軍がなぜ奇襲攻撃をしたかなんて真実はそのときその場にいた人にしか分からない。

卑怯なのか、仕方なかったのか。
戦争中だったからOKだったのか、
宣戦布告前だからNGだったのか。

わからない。

でもアメリカ側のショックは伝わってきた。

真珠湾がなかったら違うアメリカになってたのか
真珠湾がなくても同じアメリカだったのか?
歴史にたらればを言っても仕方ないけど。


アメリカだって日本に原爆を落としたじゃないか・・・
という人もいるかもしれない。

でも、おあいことか、犠牲者の数の大小とか、
そういう問題じゃない。と思う。


いろんな気持ちがぐるぐるしている。


結局は戦争は悲しいっていうこと、に辿り着く。


真珠湾攻撃の中を生き延びた人の話を聞いた。
不思議と湿っぽくはなくて、明るい口調で喋るおじいちゃんだった。
もう何度も話したんだと思う。
でも話す内容は悲しい内容だった。

Q&Aで、中国の学生が聞いた。

「戦争のあと日本に行きましたか?今は日本人に対してどんな思いを抱いていますか?」

「日本人のことは恨んでないよ。日本にも行った。とっても美しい国だった。
日系人も周りにいっぱいいて、小さい頃から一緒に笑ったり遊んだりして大きくなった友達だから・・・
日本人と結婚した友達もいる。
恨みとかはないよ。」


何とも言えない気分になった。




今は日本もエンペラー・オブ・ジャパンじゃない。
ドイツだってナチ・ドイツじゃない。
イタリアのファシズムだってない。


今二つの国が友好的な関係にあって、こうやってこの国で勉強する機会に恵まれたことをただただ感謝するばかり。


でも、世界の各地ではまだ戦争が続いてる。

ありきたりだけど、やっぱ戦争はいけないと思う。




70年経っても、オアフ島沖で沈んだ軍艦からは
今日も油が流れ出している。





2011年8月15日月曜日

2週目開始/本当のハワイ

ハワイ生活も2週目に入りました。

昨日は寮の日本人を一部集めてポットラックでした。寮の最上階の眺めのいいラウンジにて。
いつもいつも日本人ばかりで固まるのは好きではないのですが、こっちの生活が長くなってきて、たまには(もちろん、常に、ではなく)同郷のもので集まって日本人しか分からないようなネタを日本人同士で話すのもいいかなと思い始めました。
まぁ私の場合は「同郷」の概念が非常に曖昧なので、フィリピンの人とつるむことも多いのですが・・・ピッツバーグではフィリピンの子達とよく遊んでました。ハワイにも多いはずなのですが、寮には数人しかいないです。
あと、こちらではメインランド、特に東海岸の人と会うと勝手に仲間意識を感じています。

寮の最上階からの眺めです。
ダイアモンドヘッドが見える
夜景。先輩曰く、10円ぐらい・・・(笑)
今週も引き続き寮のプログラムでのオリエンテーションがあります。
寮のオリエンテーションがこんなに長い理由は、単なる寮ではなく、寮生活を兼ねての教育プログラムだからです。アジアや太平洋地域に関する研究にしていて、オリエンテーション中はハワイの文化や歴史を焦点に当てた催し物もあります。
ハワイというと、日本人もメインランドに住んでるアメリカの人でさえも、ビーチやらサーフィンやらシュノーケルやらフラダンスのみを思い浮かべますが、私たちが普段見せられているハワイのイメージというのは商業化・観光地化されたものであるということが、こちらに住み始めるとよくわかります。
オリエンテーションを通じて、現地に先住していた人たちから見るハワイも見えるようになってきて、とても貴重な体験をさせてもらっていると感じています。
興味深いのは、ハワイの人たちは西洋文化に対して必ずしも否定的ではなく、共存する道を選んだということです。その中で、自分たちの文化や歴史、またそれらに対する誇りを維持する努力を現在まで続けています。
でも、例えば、ワイキキビーチのある場所は昔は一面のタロ芋畑だったとか・・・ハワイの方々の元来の産業を潰して観光地化された場所なのです。
ハワイに旅行にくる多くの人たちは、ハワイの表面的な部分しか見ないで帰るのだろうな、と思うと少し悔しいです。
自分の友達にハワイの話をするときには、そういう話もしていきたいです。それが、ハワイという地で学ぶ、特に環太平洋地域の研究を担っている私たちの役目でもある気がします。

寮のオリエンテーションとは別に、今週は学科や学校全体の催し物も少しずつ始まります。
今日、明日は科目免除のためのテスト。大学院生アドバイザとのミーティングに学科の新入生オリエンテーション、あとはGAの仕事のミーティングも入るはずです。また、全学の留学生(こちらは残念ながら予定が合わず出られません)や、大学院生を対象にしたオリエンテーションもあります

秋学期がはじまるまであと1週間。また勉強できるのが楽しみになってきました。

2011年8月13日土曜日

オリエンテーション1週目終了

オリエンテーション第一週目が終わりました。いろいろと盛りだくさんでもう長いことオリエンテーションやってる気がします。来週も続きます。

オリエンテーション2日目の水曜日。
沢山の人の話を聞いて、座り続けて腰が痛くなりました。
夕方はバスが2台出て、みんなでショッピング。
日本でも殆ど行ったことのないドン・キホーテに買い物にいきました。
中はまるで日本のよう。
ただ、やっぱり高いですけどね・・・マルちゃんヤキソバが4ドルって・・・
でもときどき遊びに行きたい場所ですね。
ショッピングの前にあまりにおなかが空いていたので友達と韓国料理を食べました。
とってもおいしかったです。しかもピッツバーグで食べる韓国料理の半分ぐらいの値段。
また行きたいです。
空がいろんな表情を見せてくれた日でした。

面白い雲



3日目はオリエンテーションもですが、それ以外にいろんな用事でキャンパス内を文字通り橋から橋まで難往復もしたのでかなり疲れました。
夜は寮での映画上映会で、『50回目のファースト・キス』を見ました。
見たのは2回目ですが、前回見たときはハワイに来るとは思ってもなかったので、なんだか親しみを感じて見ることができました。


4日目の昨日は学校の日本庭園で歓迎会。
いろんな国の民族衣装でカラフルな式典でした。






私は浴衣を着て参加したのですが、帯まで全部ひとりで着るのは初めてで、いろいろと失敗してしまいました(笑)

夕飯には日本の大学院に一時期いたときにお世話になった先輩に、ハワイ料理のお店Yama'sに連れていってもらいました。


左はスパイシー・アヒ・ポケ。右は豚肉と鶏肉のラウラウ。タロの葉に包んであります。
ちょっと日本・韓国・フィリピン料理のフュージョンみたいなメニューもありました。とってもおいしかったし安くて、これからも通ってしまいそうです。


5日目の今日はカナハ・バリーへのハイキング。海岸でのゴミ拾いのお手伝いをしたあと山の中に入ってハワイ料理の昼食(おなか空いてたので写真撮り忘れました)、タロ畑の見学をしました。

車窓からの眺め


こんな景色を見ながら昼ごはん。

タロ畑

説明を聞く学生たち
疲れて帰りのバスの中ではついつい寝てしまい、帰ってきてからも昼寝してしまいました。

こんな感じで盛りだくさんのオリエンテーションです。来週もまだまだいろいろあります。
明日は一日何もないのですが、友達と用事が入っているので楽しい一日になりそうです。


さて、寮では1学期12時間のボランティア活動が義務づけられて、あるいは奨励されています。
寮の中でのいろんなお仕事や活動もボランティアの時間として活動されるので、せっかくなのでいろいろトライしたいと思っています。
ピッツバーグでは大学院生としてアクティブに参加したいと思い始めた頃に離れることになってしまったので。
言語学オリンピックでちょっと経験もつけられましたので、寮でも学校でもいろいろチャレンジしてみたいです。
勿論、勉学第一ですが、ピッツバーグの2倍(4年間)時間があるので、もう少し余裕もってさらに色々なことに挑戦できるのではないかと思っています。

2011年8月9日火曜日

オリエンテーション1日目

オリエンテーション1日目でした。
午前中いっぱいはアクティビティーを通じて自己紹介、寮のIDの写真を撮り、ギャラリー見学。
いろんな人に会いました。オリエンテーションでは沢山の人に出会いますが、その後も連絡を取り合えるかどうかというのが大事な点。ピッツバーグでは比較的沢山の子とオリエンテーション時に出会い、2年間ずっと友達関係を続けることができました。今回もそうなるといいのですが・・・。

ところで、オリエンテーションで隣に座った人に出身地を聞いたらなんと「ピッツバーグ」と。。しかもピッツバーグ大学の卒業生ってことで、飛び上がるほど嬉しかったです。これは本当に奇跡的な偶然だと思います。

そういえば昨日はミシガン大学のTシャツを着てたのですがどうやらかなり目に留まるみたいですね。
卒業生の人に声をかけられるのは当然として、それ以外の人にも・・・名門ミシガンだからかしら?

ところで、ホノルル領事館に在留届を出しました。
2年前にニューヨークに出したときはまだ紙面だったはずですが、どうやら現在はORRというオンラインのシステムを通じて簡単に出せるようです。便利になりましたね。

今日も5時に目が覚めました。
早起きなのはいいことなんですけどね~もう少し寝たい。

明日もオリエンテーションです。友達増えるといいなぁ。

2011年8月8日月曜日

完全に

時差ボケと旅の疲れにやられていますが、ホノルルに無事着きました。

到着した日は寮の人が迎えに来てくれて、その車中で偶然同じ学科の人と一緒になり、早速今日は一緒に夕飯&ウォルマートに買い物に連れていってもらいました。
夕飯は中華料理店、Lobster Kingにて。


ロブスターを食べるのは人生初でしたが、おいしかった~
しかし、ロブスターって中華なのでしょうか?おしいいからいいんですが。


昼は、日本の大学院に一時期行っていたときにお世話になった先輩とタイ料理を食べにいきました。


グリーンカレー、おいしかったです。


ホノルルの気候は、昼は少し暑いですが、風があるのでそんなに湿度は気にならず。風もない中湿度が80%から90%のピッツバーグの夏に比べたらずっとサッパリしてます。ときどきパラパラと雨が降るので気持ちいいです。
夜はとっても気持ちいいですね。星空が綺麗。


マノアバリー



こっちで自転車を買ってあちこち自転車で行こうかと思っていたのですが、盗難や事故とかも多いみたいでちょっと迷っています。

まだまだこっちの生活には慣れませんが、友達もできてきて、少しずつなんとかなるかなって気がしてきました。
でもやっぱりまだまだピッツバーグが恋しいです。
今日は偶然街中でスティーラーズのロゴをつけた車を見つけて大興奮してしまいました。
あの、おそらく本場とは違うけどヨーロピアンな感じの町並みとか。
スティーラーズやペンギンズのユニフォームを普段着にしている人たちとか。
家からも学校からも歩いてすぐのところにいろいろ遊びにいったり食べにいったりする場所があるのも恋しいです(こちらはキャンパスから徒歩15分以内に何もない)。

ピッツバーグの夕焼け
ピッツバーグ大学名物の建物、学びの聖堂。上の夕焼けの写真でひときわ高くそびえたっているのがこの建物です。
学びの聖堂の正面玄関にある噴水。学生の待ち合わせ場所。

ところで、ピッツバーグでの口座を閉じてしまったので、こちらで銀行口座ができるまで現金で生活しているのですが・・・
なんだか馴れないですね。この2年間ですっかりカード社会に染まってしまった自分がいます。

さて、明日からオリエンテーションです。
忙しくなりそうなので帰省のこと言語学オリンピックのことを一気にアップしておきました。