2011年9月1日木曜日

2週目のいろいろなこと

こんばんは。2週目ももうすぐ終わりです。
朝は毎日きっちり9時に授業開始あるいは出勤なので、夜勉強に耽っているとついつい睡眠不足になってしまいます。
今日はほんとに眠くて、放課後部屋でピッツバーグ・スティーラーズ vs. カロライナ・パンサーズのプレシーズンの試合を見ながら寝てしまいました。


さて、授業が始まった当初は4科目とっていたのですが、GA20時間の上に授業4つって、改めて考えると単純計算でも日中に1週間で2時間しか自由時間がない!
仕事も勉強自体もそんなにきついわけではなかったのですが、昼食も満足に食べる時間がないし(仕事場が飲食禁止なので・・・)、学校内で用事があってもやる時間がないし(仕事は3時半から4時に終わるのですが、学校の事務もその時間に閉まる)、先生とミーティングを入れることもできない。
仕事が週に20時間入れられなかった場合は次の週に持ち越しになるのですが、不足分を補う時間もないので、不足分がたまっていくだけで解消できません。テイクホームの仕事が入ったら課外での時間が追加できるのですが、それでも2週目の時点で不足分が5時間ほど出てしいまっていたし、何よりお昼休みは最低毎日30分ぐらいはほしい・・・
ということで、3科目に減らすことにしました。無理してもどうにもならないことって、やっぱりありますもんね。
ということで、最終的には統語論、発達言語学、フィリピノ語をとることになりました。

統語論は、修士レベルの必修授業です。修士レベルの必修授業は4つほどあり、修士の人たちにはもちろん必須ですが、ハワイ大学言語学科以外で修士をとって博士課程から入ってきた人たちにとっては、「卒業用件に入らないけど必修」という扱いになります。
これらの授業には免除試験があって、それに合格すれば履修したことにしてもらえます。私はなんとか音声学も音韻論もこの方法で履修免除になりました。
統語論についても、日本の大学院、ピッツバーグともう2回授業をとったので免除試験を受けることはできたのですが、こちらの授業はいわゆるオーソドックスな理論的な統語論の授業とはちょっと違う、類型論を焦点においた授業だというので、念のため履修することにしたわけです。

発達言語学では、ひとりでもいいので実際の子供のデータをとり、解析、考察、結論を書いて一本の論文を仕上げないといけないそうです。大変ではあるけどこれでまた研究が一本できるし、楽しみです。
授業の内容は論文を読んできて、ディスカッション。2年前は全く発言できなかった自分が自ら進んで発言しているのがなんだか不思議です。

フィリピノ語はクラス分けテストで3年目のクラスに入れてもらえました。
でも3年目というのは文法や基本会話の勉強が終わった人たちのクラスで(私文法がいまいちなのに・・・)、結構政治や歴史に関する難しい文章を読まされるので、頑張ってついていかないといけません。

ちなみに、GAの仕事は、半分はラボ管理の仕事になり、半々ということになりました。ラボ使用者になるためのテストとかあるんですが、なんとか通過したので、晴れてラボ管理人です。
こちらにはピッツバーグでは音声学ラボが最近できた唯一のラボだったのですが、こちらには第二言語学科と共有で、一般ラボ、音声学ラボ、習得実験ラボ、アイトラッキング・ラボ、といっぱいラボがあるのですが、私は今学期は音声学ラボのシフトのみになりました。
でも、一番使用頻度が高いラボらしく、ラボのセキュリティの管理や備品の貸し出しの管理などをしないといけないのでちょっと緊張しています。
今日は初めてのシフトでしたが、もうラボの使い方が分かっている先輩が勉強に来た以外誰も来なかったので、何事もなく終了しました。


現在ハワイ時間では木曜日の夜。明日で一週間が終わりますが、週末ゆっくり休むのが楽しみです。
それとは同時に、何よりこの週末はやっとやっと、カレッジフットボールシーズンの開始です!
ピッツバーグ・パンサーズの最初の対戦相手はバッファロー・ブルズ。
コーチが変わり、それに伴ってメンバーも入れ替わったパンサーズ。どんな試合を見せてくれるのか、本当に楽しみです。その場で観戦できないのが本当に悔やまれます。

そういえば、ひょんなことから、寮の選挙の選挙管理委員長をすることになりました。
短期間の任務ではありますが、委員の招集、候補者の把握や連絡、投票者リストの確認、投票所の設置やシフト調整、獲得票数のカウントなどなど、9月いっぱいはいろいろやることがいっぱいあり、忙しくなりそうです。
昨日はボランティアの声かけをしたら、友達も知らない人もいろんな人が返信をくれて、とても嬉しかったです。
私がこういう役職につく理由は、目立ちたがりだというわけではなく、反対にコミュニティに貢献したいという美しい心があるわけでもないのですが、単に雑用が好きなのと、仕事を通していろんな人と知り合えるのが楽しいからなのです。こういう動機はいいのか悪いのか分かりませんが、寮に住む上での義務であるボランティアの時間数も稼げるし、一石三鳥です。

ところで、Googleのサービス(Gmail, Google Docs, Google Siteなど)のユーザインタフェースが片っ端からリニューアルされてるんですが、これは日本語版でも一緒でしょうか。
Googleですごいところは、仕様変更が必ず「改善」である点です。「変わっちゃって使いにくい」とか、そういうことがないのです。私だけでしょうか。
そんなわけで、Bloggerも仕様が変わったのですが、すっきりして使いやすい上に、ブログのアクセス統計も出るようになりました。
このブログはあまりそういうことを気にしないでやっていこうと思ってたのですが、読者層が分かれば分かるで楽しいですね。
いつも読んでいただいてる皆さん、どうも有難うございます。

1 件のコメント:

  1. 日本語版googleでも同じだと思うよ。いつからか、一気に変わった。
    しっかりご飯食べて頑張るんだぞー^^すくすく育つかもしれないが。

    返信削除