2011年10月28日金曜日

今週のカレッジフットボール&ホッケー

どうやらピッツバーグには早々と冬が到来したようですね。最低気温がマイナスになるかどうかの天気らしく、天気予報を見ていたら雪予報まで。
そういえば去年は11月上旬にミシガンへロード・トリップに出かけたらオハイオあたりで雪が降ったのを覚えています。
アメリカ北部は本当に秋が短いのです。紅葉がとってもきれいなんですが、写真を撮らなきゃ~~と思ってるうちに散ってしまうのでついぞ写真を撮れないままでした。
それに対して常夏のハワイ。少し涼しくはなったような気がしますが、ほとんど代わり映えがしないので秋学期が終わりに近づいている実感が沸かないです(どうやら16週間中10週間終わったらしい・・・)。今週末はビーチに行こうかと考えています。そりゃホッケー見る人も少ないわけですよ。
フィリピン育ちなのもあって常夏っていうのは楽なんですけど、季節の変化がないのは少し寂しいですね。雪が降り手足の指がかじかむ中、屋外でフットボールを見ていたのが懐かしいです。

今週のピッツバーグ大の試合はなぜか水曜日。相手はコネチカット・ハスキーズ、通称UConn。去年のカンファレンス・チャンピオンです。
どうやらUConnは去年の実績のために監督がメリーランドに引き抜かれたとかで、ピッツバーグと同じく新しい監督のもとでの新体制に戸惑いつつのシーズンらしいです。
それにしても去年は(ちょっとの差でのチャンピオンとはいえ)あんなにがんばってたのに、どうやら今季は3試合連続で相手チームに400ヤード以上のパスを許している様子。
今回の試合でも例外ではなく、QBティーノ・サンセーリが419パッシング・ヤードを記録。これは彼のキャリア最高、かつハインツ・フィールドにおけるカレッジチームのQB最高記録、ピッツバーグ大学史上4位。
この記録は相手がUConnだから出たようなもんですが、まあ今回のティーノのパフォーマンスは結構よかったので、素直に嬉しいです。
もちろん、35-20で勝利。
ついでに、得点は入りませんでしたがキッカーのケビン・ハーパーが50ヤードを超えるフィールドゴールに挑戦しました。解説が「行くか?行くのか!?(サイドラインでやる気満々に練習するはーパーを見て)彼は蹴りたいみたいだ!」と興奮気味に言ってたのが印象的です。というのも、どうやら高校で61ヤードのゴールを決めたことがあるらしいです・・・びっくり。

ただ、今回の試合ではピッツバーグ大学にとって大きな損失も。
私がたびたび名前を出しているRBレイ・グラムが負傷し、ファースト・クオーターの最後でロッカールームに運び込まれてしまいました。今日MRIをとった結果、手術が必要なほどの重症らしく、シーズン内の復帰は難しそうとのこと。
RBは特に走りを強みとするピッツバーグにとっては大事なポジションで、しかもレイ・グラムは全国規模で注目されているRBです。
ピッツバーグは今シーズン、レイ・グラムのおかげでやってきていた部分があるので、大変なことになりました。
しかも、去年も活躍していたWRのキャム・サドラー。今季も続けていいパフォーマンスをしてくれていたのですが、彼まで負傷。シーズン内復帰は絶望的とのこと。これもかなりの痛手です。WRはほかにもシャナハンといういい選手がいるとは言え・・・。
さらに、8試合全てに出場してきたオフェンシブ・ラインのマット・ロズラムも負傷、手術が必要。今回の試合で合計3人のオフェンスを失ってしまいました。

レイ・グラムが退場したあとは、ザック・ブラウンという控えのRBが出場して得点するなどなかなかのパフォーマンスを見せ、ティーノも踏ん張って残り3クオーターを切り抜けてくれました。
しかし大きな柱を失ってしまった今、ピッツバーグのシーズンの残りの試合はどうなるのでしょう。。
この試練を乗り越えて、レイ・グラムやサドラーなしでよい成績を残せば、チームとしてレベルアップできるのではないかと思うのですが、それにしても大きすぎるハードル。
これは、ティーノにはますますがんばってもらわなくてはいけません。RBには恵まれているチームのはずなので、思いがけず脚光を浴びることになったブラウンの活躍にも期待です。



それにしても、以前記事で書いたとおり、去年・一昨年はディオン・ルイスの出場する機会が多く、なかなか注目を浴びられなかったレイ・グラム。今年はやっとチャンスが巡ってきたというのに、なんとも不公平な話です・・・。
退場後、一旦ベンチに戻ってきて笑顔で応援していた彼ですが、今どんなにか悔しいことでしょう。

来季まで彼のプレーが見られないのかと思うと応援してきた身としては寂しいですが、とにかく治療に専念して、来季にはフルコンディションで戻ってきてもらいたいです。


さて、ホッケーでは順調に勝ち続けてきているピッツバーグ・ペンギンズ。
今日のニューヨーク・アイランダーズとの試合は先制点を許すものの2-2の同点で3ピリオドが終了し、延長戦、そしてシュートアウト(サッカーでいうPKのようなもの)まで持ち込み、ペンギンズが勝ちました。
ずっと負けなしだったカピタルズが今日の試合で負けて、現在ランキングはイースタン・カンファレンスでもリーグ全体でもペンギンズが首位です!

ホッケーを見ていると、パックは小さいし、みんな物凄い速さで滑っているし、よくあんなプレーができるものだな、と感心してしまいます。

2011年10月25日火曜日

韓国出張

ご無沙汰してます。

今回、学会発表で初めて韓国・ソウルにいってきました。
本当は出発前にブログ更新する予定だったのに、発表の準備でそれどころじゃありませんでした・・・。
一番安い飛行機にしたら直行便でした。10時間かかるとはいえ(帰りは8時間)乗り継ぎがないのは楽ですね。

日本語と韓国語の言語学に関する学会で、修論の内容を発表してきました。
一応言わなきゃいけない内容をメモしていったのですが、私はプレゼンをするときはどうしても口が勝手に喋ってしまう傾向があるため、原稿を忘れがちに。
ほぼ頭に入っていたのでよかったのですが、変に原稿を意識して緊張してしまいました。どっちつかずはいけませんね。もう少しスムーズに喋りたかったです。
でも、プレゼンの出来はともかくとして、質問もちゃんと出たし、終わったあとに面白いと言ってくださった方々がいたので研究内容に対する反応はまずまずだったのではないかと思います。
今後もさらにこの研究に手を加えてよいものに仕上げていきたいです。

私の発表は一日目で終わったので、あとはリラックスしてほかの人の発表を楽しめました。
ピッツバーグでの指導教員の先生もいらして下さって、久々にお会いできるて大変嬉しかったです。
また、日本語や韓国語の言語学に携わる学生さんや研究者の方々にたくさん出会えて大変充実した3日間でした。



学会以外では、今韓国で仕事をしている人ピッツバーグの友達や、日本の大学で出会った留学生の友達(韓国の人も、それ以外の国の人たちも)とも再会できました。
韓国は近いので会いにいく!と言いながら結局いけないまま日本を離れてしまったので、こういう機会があってよかったです。

韓国は何よりも食べ物がおいしかったです。おいしいものばかり食べていたので、今、ホノルルに帰ってきてなんだかがっくりしています(笑)

焼肉は定番。
キムチは何年も漬けるとこんなふうになるそうです
韓国風味噌汁
サムゲタン
名前忘れたけれど、おいしかった
ソウルはコーヒーショップがたくさんありました。
映画の広告も韓国語だとこんな感じ
ハングルでマンマ・ミーアって書いてあります
ヨイドに夜景を見に行きました。
川に光が反射してる様子はピッツバーグと少し似てて懐かしくなりました。

今回の学会では、移動時間や時差の問題があって、月曜から日曜までほぼ1週間ホノルルを離れることになりました。
ホノルル空港に降り立ったとき「帰ってきた~」とほっとした自分がいて、
ピッツバーグより時間がかかったけれどホノルルもホームになってきたかな、と感じました。

しかし、不在中のGAの勤務時間を補わねばならず、学会前の2週間は大変でした。
あとは授業も一週間分欠席したので、いろいろなしわ寄せが・・・それに加えて時差ぼけも。
がんばって乗り切ります。


では、お馴染みスポーツの話題。

ピッツバーグ大は先週は試合がありませんでした。カンファレンスでの順位を調べてみたら下から2番目。うぅ・・・。でもまだ信じて応援します。
先週、ビッグイーストで注目の試合といえば、全国ランキング15位のWVUがなぜかシラキュースに大敗!残念ながら(笑)ランキングに変化は生じませんでしたが、WVUのライバル校のサポーターとしては嬉しかったです。よくやったシラキュース!

スティーラーズもペンギンズもその後順調に勝ち続けています。
スティーラーズは今週末、ライバルであるパトリオッツとの試合です。がんばって応援しないと!

2011年10月14日金曜日

先週のフットボール

先週、ピッツバーグ大学はラトガーズ大に無念にも敗れました。
調子がよかったり悪かったり、本当に安定しませんね。

今週の対戦相手はユタ大学のユーツ。カンファレンス外の相手です。
ユタ大学といえば去年も対戦しました。健闘したのですが、惜しくも3点差で敗退。
去年は一時期ランキングにも入ってた大学で、結構強いとこです。
去年まではマウンテンウェスト・カンファレンス(MW)でしたが、今年からはPAC-12(パシフィック12)のようですね。
去年の雪辱を晴らせるのか??特に今週のゲームはホームカミング・ゲーム!!父兄や卒業生でも見に来る人がいるはず。ついでに"Turn It Blue"と、ハインツ・フィールドを青に染める日でもあり、みんな青いものを身につけることが推奨されています。これはがんばってほしいところです。

ちなみに来週はピッツバーグ大学の試合はありません。お休みの週のことはbye weekと呼ぶんだそうです。

先週のスティーラーズはAFC Southのトップであるテネシー・タイタンズを相手に38-17と素晴らしい試合をしてくれました。
今週のお相手はジャクソンビル・ジャガーズ。しっかり勝っていってほしいところです。
ちなみに来週はアリゾナ・カーディナルズ、そしてその次の週はニューイングランド・パトリオッツです。
現在、スティーラーズのランキングはカンファレンスで5位。悪くもないけどよくもないです。今後上り詰めていってほしいところ。

ピッツバーグのスポーツチームでいま一番好調なのはホッケーのペンギンズではないでしょうか。
2度負けを記したものの、現在イースタン・カンファレンスでもリーグでも1位です。
この成績を今後もキープしていってもらいたいところです。

2011年10月6日木曜日

先週のフットボール

先週のフットボールでは、いよいよカンファレンスゲームが始まりました。
ピッツバーグ対USFは第一日目、木曜日。木曜日はこの1ゲームだけだったので全国の注目を浴びる(?)中、44-17でUSFに大勝!
USFはいいチームでそれまではランキングも16位に入ってたので、一体どうしたのだろうと思いましたが・・・。
パンサーズのプレーはなかなか満足のいくものでした。QBのサンセーリがちゃんと投げてくれる安心感・・・。投げればパスはよく通るんですよね、彼。
そして、RBのレイ・グラムはすごい勢い。226ヤードも走ったらしい。すばらしい!
この調子でがんばっていてくれることを願います。今週の試合の相手はラトガースです。

反対にスティーラーズはいまいちの試合で、負け。2戦2敗。
ランキングも下から数えた方が早いぐらい。どうしたことやら・・・
そして今年はなんとデトロイト・ライオンズが今全勝中です。
ここ10年、全敗の年もあったぐらいまったく冴えなかったライオンズなのでみんなびっくり。
野球のタイガーズもなんだか調子がいいし、デトロイトは大騒ぎでしょうね。

そういえばここ数週間プレシーズンゲームをしていたNHL(ホッケー)も今日からシーズン開幕です。しょっぱなからピッツバーグ・ペンギンズ!対戦相手は去年スタンレー・カップに出たバンクーバー・カナックスです。頑張って応援します!