2011年10月28日金曜日

今週のカレッジフットボール&ホッケー

どうやらピッツバーグには早々と冬が到来したようですね。最低気温がマイナスになるかどうかの天気らしく、天気予報を見ていたら雪予報まで。
そういえば去年は11月上旬にミシガンへロード・トリップに出かけたらオハイオあたりで雪が降ったのを覚えています。
アメリカ北部は本当に秋が短いのです。紅葉がとってもきれいなんですが、写真を撮らなきゃ~~と思ってるうちに散ってしまうのでついぞ写真を撮れないままでした。
それに対して常夏のハワイ。少し涼しくはなったような気がしますが、ほとんど代わり映えがしないので秋学期が終わりに近づいている実感が沸かないです(どうやら16週間中10週間終わったらしい・・・)。今週末はビーチに行こうかと考えています。そりゃホッケー見る人も少ないわけですよ。
フィリピン育ちなのもあって常夏っていうのは楽なんですけど、季節の変化がないのは少し寂しいですね。雪が降り手足の指がかじかむ中、屋外でフットボールを見ていたのが懐かしいです。

今週のピッツバーグ大の試合はなぜか水曜日。相手はコネチカット・ハスキーズ、通称UConn。去年のカンファレンス・チャンピオンです。
どうやらUConnは去年の実績のために監督がメリーランドに引き抜かれたとかで、ピッツバーグと同じく新しい監督のもとでの新体制に戸惑いつつのシーズンらしいです。
それにしても去年は(ちょっとの差でのチャンピオンとはいえ)あんなにがんばってたのに、どうやら今季は3試合連続で相手チームに400ヤード以上のパスを許している様子。
今回の試合でも例外ではなく、QBティーノ・サンセーリが419パッシング・ヤードを記録。これは彼のキャリア最高、かつハインツ・フィールドにおけるカレッジチームのQB最高記録、ピッツバーグ大学史上4位。
この記録は相手がUConnだから出たようなもんですが、まあ今回のティーノのパフォーマンスは結構よかったので、素直に嬉しいです。
もちろん、35-20で勝利。
ついでに、得点は入りませんでしたがキッカーのケビン・ハーパーが50ヤードを超えるフィールドゴールに挑戦しました。解説が「行くか?行くのか!?(サイドラインでやる気満々に練習するはーパーを見て)彼は蹴りたいみたいだ!」と興奮気味に言ってたのが印象的です。というのも、どうやら高校で61ヤードのゴールを決めたことがあるらしいです・・・びっくり。

ただ、今回の試合ではピッツバーグ大学にとって大きな損失も。
私がたびたび名前を出しているRBレイ・グラムが負傷し、ファースト・クオーターの最後でロッカールームに運び込まれてしまいました。今日MRIをとった結果、手術が必要なほどの重症らしく、シーズン内の復帰は難しそうとのこと。
RBは特に走りを強みとするピッツバーグにとっては大事なポジションで、しかもレイ・グラムは全国規模で注目されているRBです。
ピッツバーグは今シーズン、レイ・グラムのおかげでやってきていた部分があるので、大変なことになりました。
しかも、去年も活躍していたWRのキャム・サドラー。今季も続けていいパフォーマンスをしてくれていたのですが、彼まで負傷。シーズン内復帰は絶望的とのこと。これもかなりの痛手です。WRはほかにもシャナハンといういい選手がいるとは言え・・・。
さらに、8試合全てに出場してきたオフェンシブ・ラインのマット・ロズラムも負傷、手術が必要。今回の試合で合計3人のオフェンスを失ってしまいました。

レイ・グラムが退場したあとは、ザック・ブラウンという控えのRBが出場して得点するなどなかなかのパフォーマンスを見せ、ティーノも踏ん張って残り3クオーターを切り抜けてくれました。
しかし大きな柱を失ってしまった今、ピッツバーグのシーズンの残りの試合はどうなるのでしょう。。
この試練を乗り越えて、レイ・グラムやサドラーなしでよい成績を残せば、チームとしてレベルアップできるのではないかと思うのですが、それにしても大きすぎるハードル。
これは、ティーノにはますますがんばってもらわなくてはいけません。RBには恵まれているチームのはずなので、思いがけず脚光を浴びることになったブラウンの活躍にも期待です。



それにしても、以前記事で書いたとおり、去年・一昨年はディオン・ルイスの出場する機会が多く、なかなか注目を浴びられなかったレイ・グラム。今年はやっとチャンスが巡ってきたというのに、なんとも不公平な話です・・・。
退場後、一旦ベンチに戻ってきて笑顔で応援していた彼ですが、今どんなにか悔しいことでしょう。

来季まで彼のプレーが見られないのかと思うと応援してきた身としては寂しいですが、とにかく治療に専念して、来季にはフルコンディションで戻ってきてもらいたいです。


さて、ホッケーでは順調に勝ち続けてきているピッツバーグ・ペンギンズ。
今日のニューヨーク・アイランダーズとの試合は先制点を許すものの2-2の同点で3ピリオドが終了し、延長戦、そしてシュートアウト(サッカーでいうPKのようなもの)まで持ち込み、ペンギンズが勝ちました。
ずっと負けなしだったカピタルズが今日の試合で負けて、現在ランキングはイースタン・カンファレンスでもリーグ全体でもペンギンズが首位です!

ホッケーを見ていると、パックは小さいし、みんな物凄い速さで滑っているし、よくあんなプレーができるものだな、と感心してしまいます。

1 件のコメント:

  1. SteelersはPatriots相手に快勝しましたよ!!!
    今日,もう少ししたら車でChicagoに向かうのですが,雪が降らないか少し不安です.

    返信削除