2012年3月20日火曜日

ティーチング

今週は言語危機 (Language Endangerment) のチャプターをカバーしています。
言語危機や言語保存の分野はハワイ大学言語学科の強み。
ピッツバーグでは全然触れなかった分野なので、私はこちらに来てからいろいろ学んだのですが、
言語接触、バイリンガリズムや個人レベルでの言語喪失などとも関連がある分野なので
言語保存自体が専門でない私にとっても重要な問題です。
授業をしていても言葉に力が入ります。
死にゆく言語があるという現実を学生にも真剣に考え理解してもらいたくて、
前週はピジン・クレオール、前々週は言語習得、その前はバイリンガリズムと、ここまで持ってくる流れを考えてスケジュールを組みました。
また、学生がしゃべる言語は英語や日本語、タガログ語、韓国語、中国語など、当分は絶滅しそうにない言語がほとんどなので、
移民のコミュニティに例えたり、明日突然災害が起こって英語を話す相手が周りから一人もいなくなったらどう思うか、などの問いかけから授業を始めました。
ハワイのローカルの学生の中には、ハワイ語をしゃべれたり習ったことがある学生もいるので、
その点ではほかの地域よりも言語危機の問題を身近に感じられる学生は多いかもしれません。
今日はこちらをきちんと見ながら授業を聞いている学生が普段より多かった気がしますし、
時には眉を潜めたり悲しそうな顔をするなど真剣に捉えてくれている学生もいました。

今学期、いろんなチャプターをカバーしてきました。言語学を専攻してる学生はほとんどいないので、言語学が本当に面白い!と思う人も、統語論や音韻論のあれこれを今後も活用できる人は少ないでしょう。
しかし、地球の住民の一員として学生に伝えたい、学んでもらいたいのは

  • どのような音・文法を使おうと、文字体系があろうとなかろうと、言語はみんな平等であること
  • ハワイアンピジンなどのクレオール言語も立派な言語であり蔑視されるべきでないこと(これは特にハワイに住む学生だからこそ知っていてほしい)
  • 死にゆく言語、失われてゆく文化や知識がある現実

この3つだと思います。
この学期が終わるまでにこれだけでも覚えておいてもらえれば本望です。

今週を乗り切れば春休み。そのあとはあっという間に期末、そして春学期の終了を迎えることになるでしょう。
あと少し、頑張ります。

2012年3月8日木曜日

荒れ模様

ここ最近ハワイは荒れた天気が続いています。
冬になってから雨の日が多くなったのは仕方ないのですが、
月・火は雷雨。大雨で、洪水の地域があったり、土砂崩れ注意報も出ました。
寮のすぐ横を通っている川がかなり増水していたので少し心配でした。
こういう天気に慣れてないハワイなので、停電などに警戒している人も多かったです。
水曜日の今日は朝から晴れ間も見えていたのですが、雨は少し収まったもののまだ降り続いていて、あとは風が強いです。肌寒くて、外でも長袖。


最近何をしていたかというと・・・
Hawaiian Islands Invitationalというサッカーの招待試合があり、環太平洋国からサッカーチームが4つ参加して試合をしました。日本からは横浜FCがハワイに来ていました。
三浦知良選手、通称キングカズや、元日本代表の永井選手などが活躍されているチームです。
何を隠そう、サッカー好きな私。しかも6歳の頃、サッカーを始めたのはカズに憧れたからなのでした。

ハワイ大学での練習が3回あったので、全部見に行きました。
練習後には毎回、サインや写真撮影、握手などファンサービスも。

ずっとお会いしたいと思っていたので、夢が叶って大感激でした。

練習に励む横浜FCの選手たち
こんなに近くで見れて感激!
実際の試合も見に行きました。既に一度試合がおこなわれたあとだったので、1位2位決定戦で、横浜FCは韓国釜山のチームとの対決でした。ちなみに3位4位決定戦は、アメリカのコロラド・ラピッズと、オーストリアリアのメルボルン・ハーツ。コロラドが勝ちました。


フィールドに立つカズ
カズ、永井選手、難波選手からサインももらいました
実際に会えて、プレーも見れて、本当に6歳の頃からの夢が叶いました。
カズ、現役続けててくれてありがとう!!


それから、バスケットボールを見始めました。ハワイ大学のホーム試合を2回見に行きました。



バスケのゲームをまじめに見ることも、実際に生で見ることも初めてでしたがとても楽しかったです。フットボールよりも観客が熱かったのがよかったのだと思います。
しかし、同時にピッツバーグ大学でも見に行けばよかったと後悔・・・ゲームのレベルもファンのサポートもさらに上なのできっと楽しかっただろうと思うのですが。本当、行っておけばよかった!

カレッジバスケのレギュラーシーズンはもうどのカンファレンスでも終了。
ちょうど昨日からビッグ・イーストのトーナメント戦が始まったので、例に漏れずピッツバーグ大学の応援をしていましたが、1回戦は勝ち抜いたものの、2回戦でジョージタウンに敗退。残念です・・・

ついでにホッケーはというと、現在ペンギンズは7連勝中!!ランキングもどんどんあがってきています。この調子でプレーオフ、そしてスタンレー杯まで行ってほしい!

いつものことながらスポーツネタになってしまいました。フットボールが恋しいです(涙)

2012年3月7日水曜日

プナホウカーニバル

先月、プナホウカーニバルがありました。
プナホウカーニバルとは、プナホウスクールという小中高一貫の私立の学校(オバマ大統領の出身校)で行われる、学園祭のようなものです。
でも、学園祭とは思えないほどの規模の大きさ。





食べ物を売る出店では若い子たちが大活躍。
ピッツバーグ大学でもカーニバルになると移動遊園地が来ましたが、もっと小ぢんまりとしたスペースでやってました。
ピッツバーグで学校のカーニバルといえばカーネギーメロン大学のほうが大規模でしたが、それに勝るとも劣らないこの規模。本当にびっくりしました。