2012年5月29日火曜日

Memorial Day Weekend

と、いっても、夏休みなのであまり関係ないのですが・・・
月曜日はメモリアル・デーなので週末は3連休でした。こっちでは単純にlong weekendという。

金曜日は、Eat the Streetに行ってきました。ホノルル中の屋台トラック (food trucks) が広場に集まります(写真撮り忘れました)。
毎月最終金曜日におこなわれるらしいのですが、今回が初めて。
今回のテーマはトマトだったらしいです。テーマに沿ったメニューを出すかどうかはお店によりけりですが、私が食べたのは乾燥トマトとペストのパスタ。苺とトマトのサラダつき。

おいしかったです
また是非行ってみたいと思います。今度は、現場の様子などもっといろんな写真を撮ります。

それから、ワイキキビーチの東の端に位置するカイマナビーチで、友人たちとBBQパーティーをしました。


 とっても天気のよい日で、気持ちよかったです。

公園ではこんな光景も・・・

バニヤン・ツリーで遊ぶ人たち
ハワイには上の写真のようなバニヤン・ツリー (banyan tree) がたくさんあります。太くて立派な根っこがぶら下がっていて、大人の体重でも支えてくれるのでターザンごっこに持ってこい。
このバニヤン・ツリー、菩提樹の仲間らしく、和名ではベンガルボダイジュというらしいです。
沖縄の友達は「ガジュマルの木!」とも言ってました。近縁らしいです。

他にも、日本人女子とカラオケ&焼肉ナイトをするなどしました。
ホノルルには牛角の支店がいくつかあるのですが、夕食の時間帯以外はハッピー・アワーでお肉がかなり安くなるのでお得です。

考えたら、結構外で日本食を食べた週末でした。ピッツバーグと違って、ハワイはおいしい日本食が比較的安くで食べれるところが多いのが嬉しいです。

値段が手ごろかつおいしい日本食といえば、大学の近くの山源。

カツカレーを頼んでみたけれど、やっぱり山源は天丼がおいしい
Sushi King は味は普通ですが、夜遅くにお腹が空いたときにお得。
10時半からのミッドナイト・スペシャルだと、12ドルで下の写真のようなセットが食べられます。

アヒカツ(マグロのカツ)のセット。味噌汁もついてきました。
24時間開いてるファミレスがあるような日本と違って、アメリカは夜遅く(といっても9時以降とか)に開いてる場所がファーストフードやバー以外にはないので、こういう場所があるのはありがたいです。

2012年5月24日木曜日

暑い!!

ここ一週間ほどでハワイはとても暑くなりました。
暑いといっても、気温はそれほどでもなく、ピッツバーグの友達の話によると、どうやらあっちのほうが暑いみたい・・・
でも、恐らく湿度が上がったんじゃないかと思います。
日中は部屋の中が暑い。寮の部屋の換気が悪いのです。それでも私の部屋はマシなほうだとか。

昨日の午後は、実験刺激の英語の文をひたすらタガログ語に翻訳。
それから、IRB (Institutional Review Board) の書類の準備をしました。
IRBとは、人間を被験者として使う研究が倫理的かどうかを審査する学校の組織のこと。
ときには、その審査書類や過程を指すこともあります("I have to submit IRB" という表現をよく聞く)。
これは、医学や生物学などの直接身体に影響のある研究だけではなく、心理・認知・言語学的実験、さらには社会学や人類学など、インタビューや質問紙法を使う場合のみでも提出が義務付けられています。
(もちろん、許可の下り方や許可がもらえるまでの時間は異なります)。
日本では、医学実験などではどうか分からないのですが、少なくとも心理学や言語学の実験では、人間を被験者として使うのには何も言われなかった覚えがあります。
これは、被験者となる人の人権保護というのはもちろんですが、研究機関としての大学を保護するためのシステムでもあるそうです(訴訟大国なので・・・)。

夜は学校の近くのTeddy's Bigger Burgersで夕飯。地元のバーガーチェーンでとても人気があります。アメリカで食べたバーガーの中でいうと最高というわけではないのですが、時々無性に食べたくなります。私は一番シンプルかつ基本的なバーガーにポテトとドリンクがついてくるビッグ・コンボ、同伴者はカイルア・バーガーのコンボを頼み、ポテトをオニオンリングに変更。

やっぱりオリジナルが一番
でもこちらもテリソースがおいしい・・・

Teddy'sはピーナッツバター・シェークなどいろんな味のシェークもおいしいのですが、かなりこってりなのでバーガーと一緒だともたれるかも(←試した)。

2012年5月23日水曜日

まさかのおたふく風邪?

夏休みしょっぱな、疲労で体調を崩して以降、インフルエンザ(のような症状)にかかり、続いて食欲不振と胃炎(多分)に苦しめられました。
1週間ほど経ってもあまりに食べるのが苦痛で困るので、先週学校のクリニックに行ってきたのですが、行こうと思ってた当日朝起きたら、前日まではなかった喉の痛みに加え、なんと右耳下のリンパ腺が腫れてるではありませんか。というわけで、胃を見てもらいたかったのに、診察のメインはリンパ腺の腫れになってしまいました。

耳下の腫れといえば、思いつくのはおたふく風邪。かかったことはないのですが、MMRという予防注射を赤ちゃんの頃一回、またハワイに来たときに一回受けてるので、ほぼ可能性はないはずとのこと。しかし、予防接種は常に100%有効というわけではないらしいので、念のため検査をしてもらいました。
検査から一週間経ち、今日結果が出たのですが、なんと閾値ギリギリの陽性で、一応おたふく風邪という診断でした。予防接種をしたにもかかわらず罹患したという稀なケースらしいです。10%ぐらいの確率だとか。

リンパ腺はその後5日間ぐらい腫れ続け、その間も食欲不振、倦怠感や目眩などに悩まされたのですが、腫れや喉の痛みが治まり始めたと同時に他の症状も治まり、昨日からようやく食欲も戻ってきました。
幸い夏休みだったのでたっぷり休めたのですが、それにしても最初に熱が出てから2週間ほど。こんなに長い間体を壊したのは多分初めてです。健康って大事だなーと実感しました。

ちなみにおたふく風邪はmumps(マンプス)と言います。

2012年5月16日水曜日

夏休みスタート

ご無沙汰しております。怒涛の春学期も終わり夏休みが始まりました。
怒涛の、といってもこの春学期は授業はそんなにきつくなかったのですが
(学部生4人と私だけのゆる~いフィリピノ語のクラスと、セミナーと、個人研究の単位だけ)
やっぱり一番きつかったのがティーチングでした(ということを見据えての授業の選択でしたが)。
先輩方に資料をいただいていたとは言え、やはり自分なりに授業計画を立てるのも、宿題を採点するのにも時間がかかるもの。
でも授業の素材が今回で一通り出来上がったし、勝手も分かるようになったので、来学期はぐっと楽になるかと思います。
また学生からの授業評価は受け取ってません。楽しみでもありますが、やっぱりちょっと緊張します・・・

前回の記事以降の春学期は、大きなことと言えば
アンジェラ・ジョンソンという最近人気の出てきたスタンドアップ・コメディアンの舞台を見に行ったり
初めて所得のあるアメリカ住民として税金申告をして差額が返ってきたり
寮(東西センター)で年間最大の文化振興イベントがあったり
私が主催者のひとりとして寮スタッフのための感謝イベントを主催したり
こちらでできた別れもあれば、日本の友人との再会もあり
そしてつい先週末は卒業式で、何人もの友達の卒業をお祝いしました。
やはり、ガウンを着ての卒業っていいですね。
それから、ハワイの伝統で、卒業式では卒業生の首にレイ(花飾り、特に葉っぱや木の実で出来たのもあります)をかけます。特に学部の卒業生の中には顔がレイに埋もれそうになっている人もたくさん見かけます。
博士号を取得しドクターとして卒業していく友人たちは、袖に3本線の入った重めのローブを着て一際輝いていました。
私はもちろん、そんな晴れ舞台はまだ数年先のことですが、去年のピッツバーグでの自分の卒業式を懐かしく思い出しました。ピッツバーグでも、今年は言語学科の友人たちが何人も博士号をとって卒業したようです。

先週ちょっと体調を崩し、現在もあまり本調子ではありませんが
今日はマノア滝にハイキングに行ってきました。近場なのに実は初めてでした。
簡単なハイキングスポットで高所恐怖症の私でもOKでした。

野性のラン(らしい)
入り口 
マノア滝。水着持参で下で泳いでいる人もいました。気持ちよさそうでした。

さて夏休み4ヶ月間はほとんどハワイで過ごしますが、暇というわけじゃなくて
7月中旬から8月初旬、フィリピンに研究と学会を兼ねて帰省することになったので、その準備で忙しくなりそうです。
それに加えて、この2学期間忙しさにかまけて先延ばしにしていた修士のときからのプロジェクトにもそろそろ本気で取り掛からないといけません。
怠け癖がある私なので、学期中と違ってスケジュールの自己管理が難しくなりそうですが
なんとか生産的な夏休みにしたいと思います。
規則正しい生活を送るためにでも授業でもとってみようかと思いましたが(GAは夏期の授業が無料で受講できる)あまり面白そうなものがありませんでした。
でも、とりあえず定期的に先生方とミーティングがあるのでプロジェクトのほうは進められそうです。