2012年12月17日月曜日

秋学期終了

6日に授業が全て終わり(最後のほうは自分が受けてる授業も教えてる授業もプレゼンばっかりでしたが)、
10日は学生の期末テスト、
14日にペーパー全て出し終わり、
先ほど学生の成績を全て入力し終わって・・・
ようやく、秋学期終了です!

いやぁ、忙しかった・・・終わってほっとしています。

とはいえ、冬休みもまだいっぱいやることが・・・。時間を有効に使わねば。

そして、来学期も、忙しくなりそうです。
特に火曜日がみっちり。朝の10時半から日本語統語論・意味論、お昼をはさんでフィリピノ語構造のクラスのお手伝い、そして言語習得セミナーが3時間。
まだちょっと悩んでますが、研究に重点を置きたいので、授業はこの2つでいきます。
日本語統語論の授業は宿題は多いようですが、term projectがないので、その分自分の研究に時間があてられるかな、と。
フィリピノ語のお手伝いの分は忙しくなりますが、研究にも繋がるし、楽しみです。
もう必修の課目は、ほとんど取り終わったので(次の秋にとる授業ひとつだけ)、今回は選択の自由度が高かったです。
でも、早く卒業したい反面、とりたい授業もいっぱいあって困ります。自分の学科だけではなく、第二言語学科、フィリピノ語学科、日本語学科の授業もとりたいので・・・。

ティーチングは来学期も月・水・金になりました(火曜がみっちりなので当然なのですが)。
ティーチング始めてからずっと50分x週3回を担当しています。
今までのいろいろな反省を活かし、来学期用のシラバスはさらにパワーアップ。
次もまたメディアが使えない教室になってしまったのですが、毎回プロジェクタを持ち込んでいた今学期から方針を変え、ハンドアウト中心の授業にします。
そのかわり、1~2週間に1回、PCラボに行く日を作り、そこで映像を見せたり、学生たちが自分で録音を聞いて作業するなどのアクティビティを取り入れることにしてみました(先学期、もっとアクティビティがほしいと要望が多かったので)。
うまくいくかどうか?楽しみです。


写真は、先日の卒業式の様子。仲のいい友達がドクターをとって卒業するので参加してきました。


12月は卒業生が少ないので、学部生・大学院生合同。
ハワイ大ではひとりひとり名前が呼んでもらえます(ピッツバーグは博士号取得者だけでした)。
もう少し長いかと思ったら、2時間ぐらいで終わってよかったです。

ちなみに卒業式の後はみんなで運動場に行き、卒業生にレイを贈呈しにいくのが伝統です。


そして、下はクリスマスのハワイ市庁舎。 12月の最初からお正月まで、Honolulu City Lightsというイベントで、イルミネーションが綺麗です。



中もツリーがいっぱい。

0 件のコメント:

コメントを投稿